• 福おちょこで乾杯しましょう。

  • どうして福なのか

    これ程縁起の良い酒器があったでしょうか

    底に南部鉄器の馬蹄鉄が取り付けられています。ここです!!。

    ホースシュー(馬蹄鉄)は、西洋の国々では、悪運を避け、幸運を呼び込んだり、魔除けのお守りとして使用されてきました。

     

    蹄鉄の開いている部分を上にして、玄関やドアに掛けておくと幸運が溜まると言われています。現在も、欧米では金運のラッキーチャームに使われ、多くの人々に親しまれています。

     

    そして日本では、昔から馬蹄の形は幸福のかたちと伝えられて来ました。万事、うま(馬)く行く。交通安全・開運・金運に良く幸福を招くと言われます。

    ※「交通安全(馬は人を踏まないから)」「開運」 「金運(馬が富をかき集めるらしいです!)」に良いとされています。

     

    また、馬蹄型は風水では八角形とならんで、とても良い幸運の形と言われています。この馬蹄の形を蹄鉄にしておちょこの底に取り付けました。

     

    馬産地の岩手でございます。良質の馬を育ててきました。「南部曲がり屋」よ呼ばれる家屋のスタイルは、人間と馬の密接な関係と生活が理解出来ます。

     

    馬蹄形の蹄鉄を装着する事により、底に重さを持たせて安定性を高めました。

    素材は岩手の南部鉄器製。伝統のあられ模様をちりばめ、進駐製のネジで装着しています。

    日本人なら山桜なのです。

     

    ●木材は山桜北限です。
    この福おちょこは、北限岩手産(主に岩手県北の北上山系と奥羽山系)から採取される、北限山桜から削り出されています。 樹齢70年~90年以上の厳選木材、北限は最も美しい山桜木材です。

     

    山桜は国の花に指定されている唯一の木材です。国花の指定は、「菊と山桜」です。さくらさくら、同期の桜、これらの歌われた桜は「山桜」を指しています。咲いて、潔く散る、その美しさが山桜として表現されているようです。

     

    「朝日に匂う山桜花」と古歌にあるように、古くから日本の花が山桜でした。日本の心、日本らしい逸品を作るのに相応しい木材だと思っております。

     

    ●木材の器は温度変化が最も少ない素材です。
    冷たい飲み物も、暖かい飲み物も、温度変化が少ないのが利点です。つまり、美味しさを保つ能力が高いということです。 冷酒や熱燗でも、その美味しさを長く保ってくれます。みそ汁のお椀は、手に熱さをあまり伝えません。ガラス、陶器、金属製品は良く伝わります。

     

     

    福おちょこは茶器を使いお茶を飲むように、「酒を注ぐ、酒器を回す、酒の飲む」という3ステップ作法を創りだしました。

     

     

    ● そ(注ぐ)

     底に着いている蹄鉄の開いている方向から酒を注ぎます。

     

    (蹄鉄の言い伝えから、開いた部分から酒と幸運が注 がれるようにと)

     

    ● ま(回す)

     入った幸運を逃さないように、角度を45度近く回 します。右手の場合は左に、左手の場合は右に、自分側に回 します。

     

    ● の(飲む)

     口元に運び、幸運・開運を願ってお酒を飲んで下さ

     い。

  • 福おちょこは、新機能になりました!

    2017年5月より全て、強力マグネット方式に変わりました。とても楽しい装着です。

    2017年7月発売の新型、福おちょこです

    四色の馬蹄鉄をご用意しております。

    2017年7月発売の新型、福おちょこです

    四色の馬蹄鉄から選べます

  • 製造風景

    福おちょこはこうして塗られています。

    はいっ。楽しく塗っています。

    会話が弾んでも、手は止まらない・・・!!

    製造している工房は岩手県陸前高田市の米崎町という所にある工房です。2012年8月2日から、木工品の塗りと、製麺(冷麺)を作り始めました。総勢11人でスタートをした工房です。

    震災後に最初の立ち上げ仕事

    2011年から塗りを始めました

    震災の年2011年10月から、仮設住宅のある集会所で塗りの練習会を始めました。2012年3月11日に、福おちょこ一本松を発売しようと四人のお母さんと始めたのが、何もかものスタートでした。

    木工品の塗りは既に堂に入っています

    食品衛生の認定を頂いた高級塗料を使っています。

    目止め、下塗り、研ぎ、中塗り、研ぎ、上塗り、仕上げ磨き、と手を抜きません。塗料は食品衛生法、学校環境衛生基準などに適合した安全性の高い、「キシラデコールインテリアファイン」を使っています。

  • ご注文

    Oder

    バンザイファクトリーHP

    ご注文サイトです

    日本おもてなしセレクション

  • 受賞

    2014年、岩手県特産品コンテストにて、二位の岩手県市長会会長賞を受賞

    福おちょこ一本松が入賞しました

    スタッフは大喜び

    二位ではありますが、岩手県の特産品に選ばれた瞬間でした。

    2017年8月28日、日本おもてなしセレクションに入選

    苦節五年、海外向けに日本の良い物、コンテストに入線しました。

    2017第4期商品部門 受賞 http://omotenashinippon.jp/prize/news/3005/

    酒器に馬蹄鉄を付ける意匠権利を取得しました

    酒器に馬蹄鉄を取り付けれるのは当社だけ

    馬蹄鉄を酒器につける、意匠権利を取得した時には大喜びしました。

  • 色々な福おちょこ

    日本の伝統と文化、欧米でジャパンと呼ばれる漆の伝統、木の文化そして鉄の文化、脈々と続いてきた物と事 私達が先祖代々と受け継がれたDNAのように貴重な初期バージョンの在庫から一本松バージョンまで豊富な在庫(在庫限りばかりですが)

    福おちょこ 一本松 (在庫限りで終了です)

    奇跡の一本松をモチーフに

    七万本あった被災地高田松原でただ一本だけ津波に耐えた「奇跡の一本松」を、蒔絵にあしらいました。現在は復興の象徴としてモニュメントになっていますが、これ程の力強い生き残った証のモニュメントはございません。被災した松を微粒子の炭にして、漆に混合して描いています。蒔絵の100%が被災松の炭です。このおちょこで飲むと強い生き残ったパワー、その縁起が感じられるかと思います。超縁起物です。

    福おちょこ 内側拭き漆仕上げ(在庫限りで終了です)

    朝日に匂う山桜

    基本的におちょこ本体の木地は岩手産の「北限山桜」の80年前後の高樹齢木 材を使用しています。 さくら、さくら、同期の桜、これらの歌われた桜は「山桜」を指して います。咲いて、潔く散る、その美しさが表現されています。 「朝日に匂う山桜花」と古歌にあるように、古くから日本の花が山桜 でした。山桜の北限は岩手県です。JAPAN ブランドの真骨頂素材の 一つだと思っております。

    外側を木肌仕上げ、内側は生拭漆(きふきうるし)仕上げの伝統的な仕上げです。

     

    ※岩手県の山桜は京都の清水寺や吉野にも植樹されて記念日も建っております。

    福おちょこ 内側朱漆塗り仕上げ(在庫限りで終了です)

    朱漆は品格あります

    山桜の北限は岩手県です。JAPAN ブランドの真骨頂素材の 一つだと思っております。

    外側を木肌仕上げ、内側は朱漆塗り仕上げの華やかな仕上げです。

    福おちょこ 内側黒漆塗り仕上げ(在庫限りです)

    黒漆は男性的で強さを感じます。

    山桜の北限は岩手県です。JAPAN ブランドの真骨頂素材の 一つだと思っております。

    外側を木肌仕上げ、内側は黒漆塗り仕上げの華やかな仕上げです。

    我杯おちょこ 神代(じんだい) 在庫30個限り

    千年埋もれ木が今、おちょことして蘇る

    鳥海山から産出された神代(じんだい)です。
    神の代と呼ぶ木材は貴重を通り越して、もはや木材としての遺産のような存在です。樹種はタモです。150年前後の樹齢で地中に約1000年以上埋もれていた木材ですが、本当に貴重な存在です。数量限定で在庫限りです。二度と木材買い付けをする勇気がありません。代理店には案内をして無い工房直販の特別商品です。※現在庫30個で終了です。仕上げ塗装は内側は漆、外側は木目を美しく見せる木肌仕上げをいたしました。

    神代 福おちょこ専用の巾着 在庫30個限り

    南部鉄器、北限山桜、漆、どれも「南部藩」の文化

    この巾着は特注で多大な予算をかけて作った巾着です。二度と作らない神代の福おちょこの為に作った逸品です。神代おちょこに標準で付いて来ます。南部藩の家紋「向かい鶴」 を南部型染めした作りました。巾着だけでも価値ある逸品です。前面の武士道は、岩手盛岡藩出身の、新渡戸稲造博士、世界的著書「武士道」から、頂き染めました。男の男たる持ち物を目指しました。

    南部鉄器製の馬蹄鉄が装着されています

    南部鉄器は伝統工芸品です

    装着する馬蹄形の 蹄鉄は南部鉄器製です。

    1975年昭和50年)2月17日通商産業大臣指定伝統的工芸品(現・経済産業大臣指定伝統的工芸品)に指定されました。これは第一回目の認定で栄誉あることでした。この蹄鉄は本物の馬蹄鉄のデザインとは違い、福おちょこ専用に可愛らしくデザインされました。上面には南部鉄器の伝統的デザインである、あられ模様を配置しています。かつ安定性が高められ、倒れにくくもなっております。とにも、かくにも全て手の込んだ逸品です。

  • 三陸椿物語とは

    弊社が、この椿ロゴに込めた想い!

    三陸椿物語

    he Story of the Sanriku Camellia

     

    2011 年3 月11 日、大きな津波がこの地にやってきました。

    March 11, 2011. A powerful tsunami swallowed this town.

     

     

    けれども、沢山の椿が、地中に深く根をはり、大津波をかぶっても倒れずに生き残っていました。

    Except for the camellia – they were rooted deep in the ground and survived the devastation.

     

     

    そして「花」を咲かせていました。椿の赤い花が、とても力強く、そして美しくて、感動しました。

    They even bloomed. We were all moved by these strong, resilient yet beautiful red flowers.

     

     

    地に根を深く張り強く、美しく花を咲かせる椿

    They were deeply rooted, tough, and beautiful.

     

     

    その凛とした美しさと生命力こそ、この三陸で生きる人々、そのものだと感じました。

    Their dignified beauty and vitality were a reflection of that of the people of the Sanriku coastal area.

     

     

    この三陸椿をシンボルにして、深く根を張り、強く、美しい商品をこの地で生み出したい、そして働く人に誇りを持って欲しい、その想いで三陸椿物語の数々の商品を生み出しました。

    We created a number of products in this series so that they are as deeply rooted, strong and beautiful as the camellia. Our workers are proud of what they are offering to the world.

     

     

     

    椿の花言葉

    「気取らない優美さ」「誇り」

     

    In the language of flowers, the camellia signifies “unpretentious elegance” and “pride.” That says it all.